RESEARCH

人工知能の応用

人工知能は近年の高まる需要の中、コンピューターサイエンスの分野においてさらなる進化を遂げています。当研究室では人工知能アルゴリズムの多岐にわたるフィールドへの応用に力を入れております。

 
 

エキスパートシステム

院生、学部生とともにエキスパートシステムと呼ばれる、知識ベースのシステムの作成を試みております。これらのシステムは各分野の専門家(エキスパート)より得られた膨大な量の知識ベースの情報を保持し、ユーザーからのインプットに基き的確なアドバイスを出力します。現在、エキスパートシステムへのセマンティックな学習機構の組み込みを試みております。

 

​自然界より啓発されたアルゴリズム

​自然界よりそのアイディアを得たアルゴリズムの特徴として、リーズナブルな計算時間で最適解に近い解が得られるという点が挙げられます。当研究室では以下の2つの分野に力を入れています。

1. 進化的アルゴリズム

これらのアルゴリズムはダーウィンの進化論を元にしています。あらゆる生物は環境の変化にともなって、それに適するように自身を進化させてきました。進化の最終形態とは、これらの環境的困難を克服したことを意味します。言い換えれば、ダーウィンによる「適者生存」を模したアルゴリズムになっています。

2. 群知能

ここでの「群」とは、同一かつ非常に単純な意思決定のみ行う個体の集合を意味し、非中央集権的に近傍の個体にのみ影響を受け、それに基づき個体それぞれが意思決定を行います。大抵、これらの個体は非常にシンプルに、つまり計算能力、メモリを最小限に抑え設計されます。それぞれの個体は決して「知的」ではありません。しかしながら、面白いことに、こういった非常に単純な意思決定の集合が、全体として集合知を形成し、全体を最適解に導きます。

機械学習

機械学習は特に多くの大学機関および企業が開発に携わっており、日々目覚ましい進歩を遂げています。以下は、当研究室の過去のプロジェクト例になります。

 

Copyright

 2018 Gonsalves LAB. All Rights Reserved.